最近の高級賃貸マンション事情の傾向と住んだ場合のメリット

マンション市場が上向いてきました

最近になってようやく経済状況が改善されつつある中で、不動産需要も比例して増えつつあります。
そのような状況下で、不動産の選択肢は様々ありますが、其のメリットなどを考慮した上で、高級賃貸マンションを選択する方が多いようです。

高級賃貸の借り手はエグゼクティブクラス

高級賃貸マンションの借り手は様々な層に分かれますが、比較的多いのが会社経営者や役員の方々です。
自宅として居住する人もいれば、セカンドハウスとして利用する人もいるのは、経費として計上できる税制上のメリットがあるからでしょう。
また、賃貸物件に住めば、所持者というわけではないので、管理組合など関係なく、煩わしさから解放されるという魅力もあります。

高級賃貸物件の魅力は居住者のコミュニケーションネットワークにあり

高級賃貸物件の魅力はそれだけではありません。
例えば、高級賃貸には、比較的高額な家賃を払える人が集まってくるため、ビジネスで成功していたりする安定した人が必然的に身近に居住することになります。
従って、周りの環境の雰囲気も活気に満ちたものとなります。
この傾向は少し前には超高額な賃貸物件に限定されていましたが、比較的手の届きやすい高級賃貸物件にもその傾向が見られるようになってきました。

住み手を選ぶデザイナーズマンションも多く供給されています

高級賃貸物件は近年、その物件数が増え続けており、設備や仕様も充実し、デザイン性にも優れた物件が多数登場しています。
最近では分譲物件の販売も少し売り上げが回復傾向にありますが、それでも賃貸物件はそのメリットも含めて選択する方も多く、デベロッパーも賃貸市場に力を入れており、今後も供給数は増えていくと予測できます。
このような高級賃貸物件を求める方の中には、働き盛りの30歳代以降のいわゆるDINKS層も多く、幅広い方が通勤にも便利で、おしゃれで快適な暮らしを求めて高級賃貸物件を希望するでしょう。
高額な家賃を毎月払うのであれば買った方が良いという考え方はこれまで根付いていましたが、好立地な上に高品質で魅力的な物件が増えた高級賃貸マンションは、住まい選びの選択肢として非常にお勧めできます。

Copyright© 2014 高級賃貸ボンボヤージュ All Rights Reserved.